横浜市保土ヶ谷区の実戦武道空手道場(相鉄線 和田町駅から徒歩1~3分)

第5回 昇級・昇段審査会

 
会員各位、当ブログをご覧の皆様こんにちは。
 
本日は6月19日に行った『第5回 昇級審査会』の写真をUPします。
 
今回も皆、普段の稽古では見られない気合いを出してくれました。
 
本当は日頃の稽古時にも審査会の時のような気合いで臨んでくれればいいのですが・・・・・
 
しかし個人差はあるが皆、確実に『心・技・体』共に成長してくれている。
 
入門時には全員自分に甘い精神状態で入門してくるが半年サイクルの審査を受審する度に
 
確実に心も体も強くなってくれている。
 
皆の成長を見ていると空手の道場を始めて本当に良かったと思う。
 
これからも皆の協力の下、努力精進していきたい。押忍
 
 
 
 
 では写真をUPします。
 
まずは黙想で日常生活から精神を切り離す。
 
 
 
 
三戦立ちでの手技の審査から(正拳中段突き)。
 
 
 
 
その場での足技の審査(足刀横蹴上げ)。
 
 
 
 
前膝蹴り
 
 
 
 
移動稽古による審査。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全員で大極の型。
 
 
 
 
 
 
 
こちらは緑帯による型。
 
 
 
国際成和空手道連盟は実戦武道空手!
スポーツとしての空手は指導していません!!
緑帯以上の者は獲物術(武器術)の審査もします。
 
 
 
こちらの写真は入門して約半年の白帯の型を審査しています。
 
 
 
 
 
 
 
黄色帯以上の者の型。
さすがに白帯とは違ってくる。
 
 
 
 
 
 
 
 
紫帯は更に黄色帯とは違ってくる。
 
 
 
 
 
 
 
先輩の型の審査を真剣に見ている人もいれば見ていない人も・・・
先輩の技を見学するのは上達への近道だよ!
ちなみに自分の型を終えて気を抜きボーっとしてた人は減点されているんだよ!
 
 
 
 
 
ここからは組手の写真をUPします。
まずは子供の準備から。
 
 
 
 
 
 
 
この2人はお互い審査後、胸が真っ赤になっていました。
 
 
 
 
 
 
 
この緑帯の子は小学6年生ですが内弟子なので薄手のプロテクターを着け
高校生と組手をさせています。
 
 
 
 
一般の小学生の会員に高校生と組手をさせることはありませんがこの子は内
弟子なので良い経験なのでさせてみました。
さすがに肋骨にヒビが入ったようですが、そのくらいは本人怪我とは思っていま
せんでした!
他の会員も武道として空手の修行を続けていくのであれば、緑帯になるる頃に
はこのくらいの意識レベルにまで持っていき少々のことではビクともしない精神力
を身に付けられるように努力精進すること。
 
 
 
 
 
 
 
ここからは一般・壮年部の組手の模様です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
連続組手を終えて満足そう?
 
 
 
 
 
 
 
 
ここからは女性会員による組手。
女性は怪我をしないよう先生が直接相手をしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
整列!
 
 
 
 
姿勢正して、黙想!
 
 
 
 
審査の締めくくりは1人ずつ握手で挨拶をして終了。
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に受審者達と記念撮影。
 
 
 
 
一般・壮年部  女子部でパチリ!
 
 
 
 
最後にオマケ!(仲良し3人組)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中