横浜市保土ヶ谷区の実戦武道空手道場(相鉄線 和田町駅から徒歩1~3分)

大会稽古突入!!

   
今年も5月4日(祝)に行われる全日本武術総合空手道連盟の関東大会に何人かを出場させる予定の為、先月末から本格的に大会向けの稽古を開始しました。
通常は基本稽古が7割りを占め、残りの3割りをミット打ちや組手稽古にしているが、先日の稽古からは割合を逆転させミット打ちや組手、コンビネーションを7割りにし基本稽古を3割りにして稽古を進めている。
また当会館では路上での実戦を想定した稽古を主体としている為、道着を掴んで崩してからの攻撃や、髪の毛や耳を掴んでの崩しや投げも指導しているので、大会稽古に突入してからは、大会では禁止技のそれら全ての技を禁止した稽古を指導するようにしている。
とは言うものの、今まで掴める隙があれば掴んで崩してから叩けだの髪の毛を掴んで膝蹴りを出せだの言って指導していたものだから、ミット打ちの最中から掴みが頻繁にでてくる会員もいるので大会当日までになんとか切り替えさせなくてはならない。
上記の理由により4月末までは大会出場者を優先的に稽古を進めていきますが、全ての稽古は自分を磨く為の修行です!
他の会員も気を抜かず全力でついてくるよう心掛けるてください。

また今日は、時折りスポーツドリンクの差し入れを持ってきてくれる星七(小学4年生)のお父さんの協力を経て、道場での稽古終了後にご自宅の近くに急な坂道があるとのことで今大会に出場する優希先輩・颯人・星七の3人を連れて坂道ダッシュをしに行くことに!
しかしその坂道を知っている星七は猛反対!!
でも星七の猛反対は右から左へ軽く流していざ現地へ。
現地を確認したら超が付く程の急坂!!
これじゃあ星七は猛反対する訳だと納得しました。
試しに先生も走ってみましたが息を上げるにはベストトレーニングの場所。
早速3人に坂道ダッシュの指示を出しスタートしたところ、最初の2本は圧倒的な速さで優希がゴール地点まで駆け上がってきましたが、その後は星七と颯人の圧勝!
そこで気をよくした星七はゴール地点まで駆け上がってくると自ら腕立て・腹筋・スクワットを始めた為、後輩の星七に負けじと優希と颯人も頑張って腕立て・腹筋・スクワット始めました。
しかし6本目のダッシュ辺りから、颯人は『星七がやるんなら俺もやる』と喰らい付いているのに対し優希先輩は『星七もう止めてくれ~』とヘロヘロ状態に!
さすがに10本程やらせ終了させようとしたのですが、星七はスイッチが入ってしまったようでまた走り出してしまい優希先輩が追いかけて行き取り押さえて終了!
星七のお父さんに聞いたのですが、昨日も自主稽古の基礎トレーニングでスクワットを800回もこなしてから道場に来たとのこと!!
その他に腕立てや腹筋もその位消化し、今日のようなダッシュも普段からしているとのこと!!
なにやらお父さんに基礎トレーニングの指示を出されるとブーブー言いながら始めるようですが、いざ始めるとお父さんが止めないと永遠に続けてしまうような勢いだそうです。
先生は『星七はまだ小学4年生なんだから、オーバーワークになってしまうから300回位でいいよ』と言ったところ、返ってきた返答は『先生、300回じゃ少な過ぎるよぉ』と言った返答が!!
今迄に色々な生徒を見てきたが、さすがにそんな小学生に出会ったことがないので先生もビックリしました!
まだ入門して3ヶ月の白帯で空手の技らしきものはありませんが今後に期待しています。
このブログを読んだ他の会員もこの後輩に追い抜かれないようお互いに切磋琢磨して行きましょう。 押忍
  
  
  
  
 

  
  
  

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中