横浜市保土ヶ谷区の実戦武道空手道場(相鉄線 和田町駅から徒歩1~3分)

H25.3.20 虐め・・・

 
今回の記事の前に記載した、懇親会での記事の中に『当会館に虐めは存在しない』と私は記載したのだが、昨日の稽古の際に虐めへと発展しそうな出来事があったので記載させてもらいます。
 
当会館では稽古の締めくくりに、お互いに感謝の念をもちながら、稽古に参加した者同士全員と握手を交わして稽古を終える。
昨日の稽古終了時もいつものように皆で握手をしていたのだが、最近青帯に昇級した一人の子供が自分より年下の入門したての幼稚園児との握手を拒絶してそっぽをむいてしまった!
やる方は軽い気持ちの冗談であったかもしれないが、やられたおチビちゃんは悲しい気持ちに成ったであろう。
実は今回握手を拒絶した子供は、以前自分のお姉ちゃんに同じことをされていた!
それが改善されたら、今度は同じことを自分より立場の弱い人間にやるようになってしまった。
虐めの連鎖があってはならないと、かなり厳しく一喝させてもらった!!
当会館の生徒はご承知の通り、あの稽古時の口調で怒鳴ったのであるから、お父さん・お母さんに怒られるのとは訳が違う。
かなり心に刻まれたことと思う。
しかし私が一喝することにより、その子が下の者から頼られる、尊敬される人間へと成長してくれるのならいくらでも一喝する!
事あるごとに言うが、成和空手はファミリーである!
家族間での助け合いがあってもいいが、卑劣な行為があってはならない!
相手がいて稽古出来るのである!!
お互いが感謝の気持ちで稽古に取り組まなくてはならない。
各ご家庭でも上記のことを踏まえ、ご指導くださいますよう宜しくお願い致します。
 
 
国際成和空手道連盟 成和會 総本部
              館長  大塚 章夫
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中